祖谷温泉 秘境の温泉旅行 2020夏

日記

祖谷温泉行ってきました。

秘境の中の秘境の湯、満喫してきました。

当日。

LINEがぴこーんって鳴る。
どうやら友人Mが寝坊した模様。
最近、集まると誰かが遅刻するような、、、

しばし待ちぼうけ。

今日は祖谷温泉の旅行を前前から計画している当日です。

友人らが到着。

友人M、友人T、そして僕の三人で祖谷温泉に向かいます。

道中、塩江にある 「いこい食堂」 に寄ります。
ちょっと早い昼食を食べるためです。

いこい食堂に行くまでに途中コンビニに寄ります。
ミニストップで飲み物を購入。
友人Mが気前よく飲み物を買ってくれました。

塩江到着。
いこい食堂が開店するのが9時ですので
30分ほど車の中で待ちます。

いやー、この祖谷温泉旅行、
4回目になるのですが、
高松からだと結構低予算で組めるので、
気に入ってます。

大体、3人でガソリン代を折半して
2食分のご飯、入浴料で5000円弱ですね。
日帰り旅行にしてはかなり安いほうです。

そうこうしているうちに、いこい食堂の暖簾がかかりました。

ここ、いこい食堂の名物はなんといっても中華そばです。
ちらし寿司も絶品です。
ので両方を注文。
中華そばは親鳥が入っているのが特徴です。
スープはあっさりしてますがコクがありまろやかです。

来ました来ました。
これこれ。
たまらないんですよね。
クセになります。

ちらし寿司もおいしいんですよね。

いこい食堂に来たなら是非中華そばは食べてください。

ハマること請け合いです。

いこい食堂を後にして
塩江を出発。

国道193号線をひたすらなんか。
徳島県に入ります。
脇町のファミマで休憩。
降りずに車の中で待ちます。

脇町出発。

吉野川を遡って池田方面へ
吉野川を望む絶系かな
池田を通過脇町出発。

池田ダムの景色がまた絶景
天候がいいので景色が美しい

しばらく走ってると段々
山々が険しくなってきて
渓谷も深くなっていく

これはかなりの絶景。

今日は天気がいいですね。
晴れ渡る青い空、白い雲、梅雨とは思えません。

大歩危小歩危あたり
通過するだけだけど勿体ないぐらいの
絶景。

下で渓流くだりをしてる人がいる。

祖谷の入口の橋を渡る

祖谷の街並みが何とも言えず
ぜひ散策してみたい魅力がある。

そう言えば池田も散策してみたい街並み

祖谷の集落からかなり険しい道を通り
渓谷が険しいというかもう
秘境中の秘境になってくる

遠くにいや温泉の建物が見える。

漫画みたいな景色。

切り立った崖にちょこんと温泉宿が
乗っかってる。

祖谷温泉到着。

コロナの影響でやってないか心配だったけど
営業してるみたい。
マスク必着との事。

友人Mが待ちきれす先に温泉に入ってしまう。
ケーブルカーを先に使ってしまったため、
後続の僕らは待ちぼうけ。
20分ほど待ちぼうけ。
ひどいよぅ。

絶景。

もう、言うことないね。

1780円ぐらいだったか?

これが露天風呂の料金。
大浴場も含まれてる。

露天風呂はケーブルカーで行き来する。

ケーブルカーを20分ほど待っている間に
友人Tと一服。
僕はコーヒー、
友人Tはタバコとコーヒー

たしか、この待合所には人を怖がらないヤマガラがいたはず。

手に乗ってくる野生のヤマガラは超かわいい。

というか野鳥なのに人を怖がらないなんてさすが秘境ですよね。

しばらくたってケーブルカー到着。
僕は前から二番目の席に座り、
壷井君先頭。

ケーブルカーはぐんぐん下り、目的の露天風呂へ。

あ、今回は前回と違って男女逆なのね。
また違った景色が楽しめるなんてイイネ。

露天風呂は硫黄系の温泉。
じゃっかんぬるぬる。
あわあわ。
炭酸あわあわ。

お肌すべすべ。

眼下に控える景色は雄大な桃源郷。
切り立った渓谷と生い茂る木々。
岩底を流れる清流。

これを贅沢と言わずして何を贅沢という。

以降2時間ほど ドナドナ~~~。

いきかえるわああああ。

「優しく 外に 出してあげてください」

の看板が。

いやね、湯に入った虫を外に逃がしてくださいって意味ですぜ。

勘違いしないでよねっ!

バカっ!

ふぅ。。。

これがアバンチュール。。。。(違っ

満喫したので、ケーブルカーを呼び戻し、
上の大浴場に入ることに。

ほほぅ、大浴場も奇麗ですな。
残念なのは窓が磨りガラス。
せっかくの絶景ががが。

でもたぬきの置物の股間から湯が出る仕組みは悪くない。
みやびである。

しっかり体を洗い、退散。

いい湯でした。

まさに桃源郷。

極楽極楽。

帰りは別ルートの細い道から帰ることに。

あの有名な小便小僧がある道です。

めちゃくちゃ時間かかるね。
こっちかから帰ると。

若干後悔しながらすすんでいきました。

大歩危小歩危を抜け、池田で休憩。

セブンイレブンで唐揚げ棒を購入。

またつまらぬものを食ってしまった。

友人Mのススメで帰りに財田道の駅により
コーヒーブレイク。
ジョージアの豆から轢いてくれるタイプの自販機。
とても美味しい。
友人Mがせっかちなのでまったり出来ず。

帰りに温泉のパンフレット貰ってきた。
環の湯と言うらしい。

ここも1度は行かねばなりますまい。

友人Mが強く勧める うどん屋むさし
へGO。

琴平のマルナカの横にある、むさしへ到着。

このうどん屋はカレーうどんが真っ黒なビーフカレーなのが特徴。
とっても美味しい。

友人Mはカレーうどんに飽き足らず、
ぶっかけまで頼んでました。

友人Tと僕はカレーうどんを注文。

至福のひとときを楽しみつつ、
夜が老けていくのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました