桃太郎電鉄

ゲーム記事、レビュー攻略体験談等

桃鉄歴30年

拙僧はゲーム大好きである。
中でもボードゲームは大好物である。

あれは30年前の拙僧がまだ10歳のころ
ゲームボーイをやっと購入したばっかりのころ。
友人宅でゲームボーイのソフトを持ち寄りゲームばっかりしていた。

その中でも特にハマったソフトにスーパー桃太郎電鉄があった。

ファミコンで好評を博した桃太郎電鉄のリニューアル版だった。

対戦バランスは改められ、
複雑だった物件や収益も簡素化。
のちのシリーズのひな型と言ってもいいのがこの
スーパー桃太郎電鉄だった。

当時、1台のゲームボーイを交互にプレイし、
狂ったように対戦をしていたのがなつかしい。

当時負けそうになったら、
ゲームボーイの電源をわざと落としていた友人がいたものだ。

ひどいのはハウスルールを勝手に作り、
自分に有利な条件下でプレイさせていたのもその友人だった。

あれから30年、桃鉄はシリーズを重ねたが、
初代を除くほぼすべてのシリーズをプレイしてきた、
そう、かつての友人たちと共に。

かつての友人たちとは未だに共に遊ぶ仲であり、
桃鉄はその格好の材料となってきた。

当時のメンバーでは最弱だった私も
セオリーを引っさげ、仲間と互角以上に戦えるようになっていた。

もともと目的地を目指すゲームだが、
桃鉄ハッピーを境に、房総半島がセオリーとなり、

初手に房総半島を目指さないプレイヤーは負けという定石が
出来上がりつつあった。

特にどのシリーズからかは定かではないが、
房総半島がナイスカードだらけになったあたりから
目的地がすぐそばでも房総半島を目指さないと勝率が20%を切る状態
となり、房総半島での攻防が必須となってきた。

最近のシリーズではさらにこの状況は加速され、
房総半島が強化されている。

すべてのプレイヤーが房総半島の定石を使うわけではないが、
これは仲間内だけの定石なのかどうかは不明。

しかし、明らかに房総半島が強すぎるのは事実。

中級者以上となると房総半島の定石を覚えるのはもちろん、
中級者と上級者を分けるのは房総半島からの脱出だと思う。

上級者は房総半島からの脱出があざやかなのだ。

かくいう私も欲に目をくらみ、房総半島の脱出の機会をよく逃す。
かといって欲を出さなすぎるのもいけない。
早すぎる脱出は資産が整っておらず、敗北に直結するからだ。

このゲームの肝となる貧乏神だが、
極力避けるのは基本だが、
避けれるかどうかはほぼほぼカード資産にかかっている。

よって序盤の房総半島でため込んだカード資産がものを云う。
たとえ、目的地に一番乗りしたとしても、
カード資産が整っていなければ、三日天下に等しい、
すぐに貧乏神状態になって孤立してしまう。

その辺の駆け引きが実にうまいこと作られている。

神ゲーである。

いやむしろ貧乏神ゲーなのだが、
実はそう見えてカードゲームである。

本当の意味でのカードゲームではなく、
ゲーム内のカードが強力という意味でのカードゲームである。

このゲームの悪い点を一つ
それは年数を重ねると非常にゲームバランスが悪いという点である。

通常モードではせいぜい10年~15年
長くても20年程度の対戦にしといたほうがいい。

長くやってみればわかるが、ゲームバランスが崩壊するイベントや
駅がてんこ盛りなことがわかる。

あと残念ついでだが、
最近はネット対戦をなぜか廃止していて
時代に逆行している。

その辺を直してくれたら拙僧はさらに喜ぶこと請け合いである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました